2010年10月04日

アトピー性皮膚炎って?!どんな特徴をもつのか?そして治すには?

● アトピー性皮膚炎って?!一種のアレルギー反応ではのではないのか?

その特徴とは?!

・ かゆみを伴う発疹が繰り返し出現する。

・ 発疹のできるところは顔、首、肘や膝のくぼみなどにできることが多い。

・ 約80%の患者さんは5歳までに症状が現れる。

・ アトピー体質は遺伝的な要素をもつ。

・ 気管支喘息アレルギー性鼻炎になりやすい傾向がある。

実は、いわゆるアレルギー疾患は世界的に増加傾向がみられます。たとえば、愛知県で行われたアトピー性皮膚炎についての調査によると、1981年に2.8%であったものが、1992年には6.6%と、約10年で2倍強に増加したとの報告がなされています。

それも、なぜか先進国に多く、発展途上国ではアトピー患者は少ない。これは、先進国で多いのは整備され衛生的な環境だからと指摘する人もいます。しかし、先進国ではストレスが多く、この問題こそアトピーの原因ではないのか?

● ストレスがアトピーを悪化させる!

皮膚に刺激が与えられると、たとえば熱くなるとかゆみを増すとか、一般的に

ストレスを受けることで、かゆみが強くなる傾向があるのです。

何か楽しいことをしているときは、全くかゆくなくなるようなのです。

そして、かゆいところをかくとそこのアトピーがますます悪化する。


● ステロイドの登場

ステロイドには強力に炎症を抑える作用と免疫の働きを弱めてアレルギー反応を抑える作用があります。

副作用を心配する人がいるが、専門医の処方を守っていれば問題はほとんどありません。

[関連サイト]
アトピーとは
アトピーを根本的に治す、3000人もの・・・
現役アトピー専門クリニックの開業医・・・


posted by kawahisa at 02:09| Comment(0) | アトピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。