2010年10月04日

アトピー性皮膚炎って?!どんな特徴をもつのか?そして治すには?

● アトピー性皮膚炎って?!一種のアレルギー反応ではのではないのか?

その特徴とは?!

・ かゆみを伴う発疹が繰り返し出現する。

・ 発疹のできるところは顔、首、肘や膝のくぼみなどにできることが多い。

・ 約80%の患者さんは5歳までに症状が現れる。

・ アトピー体質は遺伝的な要素をもつ。

・ 気管支喘息アレルギー性鼻炎になりやすい傾向がある。

実は、いわゆるアレルギー疾患は世界的に増加傾向がみられます。たとえば、愛知県で行われたアトピー性皮膚炎についての調査によると、1981年に2.8%であったものが、1992年には6.6%と、約10年で2倍強に増加したとの報告がなされています。

それも、なぜか先進国に多く、発展途上国ではアトピー患者は少ない。これは、先進国で多いのは整備され衛生的な環境だからと指摘する人もいます。しかし、先進国ではストレスが多く、この問題こそアトピーの原因ではないのか?

続きを読む
posted by kawahisa at 02:09| Comment(0) | アトピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。